YAMAHA ルータの設定メモ

YAMAHA ルータの設定メモになります。

■セキュリティクラスの設定
  (書式)
    security class <レベル1~3> <forgetのon/off> <telnetのon/off> <sshのon/off>
  [初期値] :
    security class 1 on off off
    ※初期値では、telnetクライアント、sshクライアントとしては動作しない。

■コンソールの言語とコードの設定
  (書式)
    console character <コード>
  [初期値] :
    ja.sjis ( Rev.14.01 系以降 )
    sjis ( 上記以外 )

  【設定例】 日本語で表示する、文字コードは UTF-8
      console character ja.utf8

■コンソールの表示文字数の設定
  (書式)
    console columns <コンソールの表示文字数>
    [初期値] : 80

  【設定例】 コンソールの表示文字数を100
     console columns 100

■コンソールの表示行数の設定
  (書式)
    console lines <表示数>
  [初期値] : 24

 【設定例】 スクロールを止めない(Cisco機器での、terminal length 0)
    console lines infinity

■コンソールのプロンプト表示の設定
  (書式)
    console prompt <コンソールのプロンプトの先頭文字列>

【設定例】
    console prompt <ホスト名など>

■ログインタイマの設定
  (書式)
    login timer <キー入力がない場合に自動的にログアウトするまでの秒数>
  [初期値] : 300

【設定例】 600秒後(10分後)自動的にログアウトする
    login timer 600

■grep検索
    <ホスト名># show arp | grep <IPアドレス>

■ospf設定を有効にする
  ospf設定を有効にするには、設定変更後に以下コマンドを投入するか、
  ospf configure refresh
    ※上記コマンドを投入するとospfネイバーの状態遷移が発生します。

  設定保存後に機器の再起動が必要です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

7 − four =