FTPについて

FTPについての個人的なまとめになります。

◆FTPとは
 ・FTP(File Transfer Protocol)とは、サーバーとクライアント間で、
  ファイルなどの送受信する通信プロトコルのことです。
  具体的にはFTPサーバーとFTPクライアントと呼ばれる、
  両者間でデータがやり取りされます。
  21番ポートが制御コネクション
  20番ポートがデータコネクション

◆FTPの転送モード
 ・FTP には以下のふたつの転送モードがあります。
  「アクティブモード」
   サーバからクライアントに対してデータコネクション確立する。
  「パッシブモード」
   クライアントからサーバに対してコネクション確立する。

◆WindowsデフォルトのFTPの転送モード
 ・アクティブのようです。コマンドプロンプトより
  以下コマンドを実行し、パッシブモードへ切り替えます。
  quote pasv

◆データ部にもアドレス情報が格納される
 IPヘッダー以外のデータ部分(ペイロード部分)にもアドレス情報を
 格納するアプリケーション(FTPなど)があります。

 FTPなどに共通する特徴は、IPアドレスやポート番号などの情報が
 IPヘッダーやTCPヘッダー以外の部分にも格納されます。
 つまり、データ部分(ペイロード部分)にもIPアドレスやポート番号などの
 情報が格納されます。

 そこで、そういったアプリケーション(FTPなど)でNATを行い、
 IPヘッダーなどを書き換えた場合には、データ部分(ペイロード部分)も
 書き換えないと、通信エラーとなります。

◆ftpコマンド (コマンドプロンプト)
 ・ftp 接続
  ftp <ftpサーバアドレス>
   ※ユーザ名とパスワードを入力する。

 ・ファイルのダウンロード
  get <ファイル名>

 ・ファイルのアップロード
  put <ファイル名>

 ・ファイルの一覧表示
  ls

◆ftpツール
 ・FFFTP(FTPクライアント)
 ・3Cdeamon(FTPサーバ)

◆ftpテストデータ作成方法
 ftpでの転送テストを実施する際のテストデータの作成方法については、
 コマンドプロンプトで、「fsutil」コマンドを使用します。
 これにより任意のサイズでファイルを作成することができます。

・構文
fsutil file createnew <ファイル名> <サイズ(バイト)>

・作成例
fsutil file createnew TEST 10485760
 ※ファイル名をTESTで、10MB(10485760バイト)のファイルを作成する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

8 + three =