ネットワーク機器の重ね置きには注意が必要な件

検証作業時など、限られた作業スペースで検証作業をしなければいけない場合は、
ネットワーク機器を重ね置きにして、検証環境を構築するのが一般的だと思います。

自分の経験上、ルータやスイッチならば機器と機器の間にクッションになるものを
引いて傷をつけないどの考慮をしておけば特に問題なることはありませんでした。

しかし、ファンレスの機器については注意が必要です。
アクセスポイントなどのファンレスの機器については、長時間重ねて置いておくと
熱により機器の表面が溶けることがあるそうです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

20 − two =