VSS (Virtual Switching System) の
domain 番号の重複

VSS (Virtual Switching System) とは、Catalyst 4500X シリーズなどのスイッチ
で使用する技術で、2台のスイッチを論理的に1台のスイッチにする技術です。

※参考
VSS (Virtual Switching System) の 詳細情報と必須の設定などについては、cisco
サイトなどに詳細な情報がありますので、そちらを参照でお願いします。

これは、知人より聞いた話ですが、以下のような VSS 構成の機器同士で

OSPFのネイバー関係が確立できなかった事象が発生しました。

原因としては、図の VSS 構成1と VSS 構成2の domain ID が重複していたためとの
ことです。

また、VSS domain ID に関する推奨事項が以下に記載されています。
推奨事項
===== 以下 シスコ社 ドキュメント より =====

同じネットワーク内では一意の VSS ドメイン ID を使用します。
重複した VSS ドメイン ID は EtherChannel の不整合の原因となります。

===== 以上 シスコ サイト より =====

OSPF のネイバー関係が確立しないとの情報は確認できませんでしたが、
別のサイトでも、ドメイン番号はネットワーク内の各VSSで一意
とするとの記載を確認しました。

そのため、VSS ドメイン IDについては、 同一ネットワーク内では、
重複しないように注意が必要と思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

8 + 2 =